メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

韮崎・峡北消防本部の署員が手話を学習 搬送時、円滑に意思疎通 /山梨

講習会で手話を学ぶ消防署員ら=山梨県北杜市で

 峡北消防本部(韮崎市)の消防署員が手話を学んでいる。聴覚や言語機能の障害がある人が、スマートフォンなどの画面から音声を使わずに通報できる「Net119緊急通報システム」が10月に導入されることを受け、通報だけではなく、搬送や手当て段階でも円滑な意思疎通を図ろうという取り組みだ。

 「どこが痛いですか」。指を曲げた手を上に向けて2回振ると「痛い」を表す。9月15日、講習会に参加した管内の消防署員12人が、手話通訳士に倣って真剣な表情で手の動きを学んでいた。現在、手話が使える救急隊員は県内に2人だけ。緊急時、ろうあ者が困難に直面する場面は少なくない。同消防本部によると「いきなり血圧計を巻かれて怖かった」「具合が悪いときに文字を書くのは大変」との声も。

 Net119は全地球測位システム(GPS)を活用した通報手段で、住所や氏名を登録すれば、スマホ画面上で必要な項目を選ぶことで消防署員が通報者の元に出動する。総務省消防庁によると、1月時点で全国726の消防本部のうち235本部が導入済みで、本年度末には569本部に広がる見通しだ。

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文848文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 国会を飛び回る200人の「トンビ」 過酷な情報収集業務に走る官僚の「生態」

  5. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです