メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

敷島製パンの100年

/下 国産小麦で自給率向上 /岐阜

創業者、盛田善平氏の肖像画の前でインタビューに答える敷島製パンの盛田淳夫社長=名古屋市東区で2020年9月1日、兵藤公治撮影

 食パン「超熟」発売から10年がたとうとしていた2008年、盛田淳夫社長は「国産小麦のパンを作る」と宣言した。1998年に経営トップに就いて以来、会社のかじ取りを考え抜いて導き出した結論だった。「事業は社会に貢献するところがあればこそ発展する」。創業の理念に立ち返った時、低迷する日本の食料自給率の向上に貢献できるのではないかと考えた。

 数年にわたり研究や開発を重ね、12年に北海道産小麦「ゆめちから」を使った食パンを試験販売、翌13年に通年販売にこぎ着けた。生産者や製粉・流通業者、行政関係者ら、多くの人の思いが詰まっていた。というのも、日本のパン用小麦はほとんどを輸入に頼っており、国産小麦を使ったパンの量産は簡単な道のりではなかったからだ。

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文772文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  2. 「パパ活への興味本位で」少女にみだらな行為 小学校教諭、懲戒免職 福岡県教委

  3. クマをドローンでくまなく捜索 出没相次ぎ自治体が対策 追い払う成果も 石川

  4. ヤングケアラー~幼き介護 認知症の母を殺さなかった少女 元ヤングケアラー 27歳の今

  5. 二“人”六脚-保護犬イブと暮らして 熱中症でやせるイブ 犬にかまれ大けがも やがて穏やかな表情に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです