メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

前略おへその穴から

恐るべし令和の運動会=前川さなえ /愛知

イラスト・前川さなえ

 新型コロナ対策のため、わが子の通う小学校の運動会は縮小された。半日開催のうえ、学年ごとに前後半に分けて、競技も各学年2種目だけ。保護者は午前中で終わるのでお弁当なし、ゆえに場所取りも必要なし。観覧は自分の子供が出ている時だけ「入れ替わりゾーン」で交代して見る。いやー、コンパクトにできるもんだなー。

 事前のお知らせに「大声での声援はなるべくお控えください」とあったのには、「我慢できるかしら」と思っちゃったけど。リレーとか、つい見てる側も力入っちゃって、頑張れって応援しちゃうよねぇ。大声禁止ならブブゼラ(南アフリカの楽器)でも持っていけばいい? ブブゼラ、今どこで買えるのかわかんないけど。え、飛沫(ひまつ)が飛ぶからダメ? そ、そうか。

 運動会当日は、あっけないくらいスムーズに終わってしまった。毎年帰ってからぐったり疲れるんだけど、今年度はさすがにちょっと物足りなさを感じてしまった。お弁当も朝早起きして作るのは大変なんだけど、外でシート敷いて砂ぼこり浴びながら家族で食べるおにぎりは特別感あって楽しみの一つだったので、それがないのもさみしかったかな。

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文894文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです