メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宝塚ワールド

タカラヅカ 月組「ピガール狂騒曲」 珠城りょう、2役好演 日本物レビュー、106期お披露目も /兵庫

「ピガール狂騒曲」で、重大な秘密を抱えた”青年”など2役を巧みに演じ分けた珠城りょう

 宝塚歌劇の月組公演「WELCOME TO TAKARAZUKA―雪と月と花と―」「ピガール狂騒曲」が宝塚大劇場で上演中だ。日本物レビューと、シェークスピアの喜劇「十二夜」を下敷きにしたミュージカルの2本立てで、トップスター・珠城(たまき)りょうを中心にしたタカラジェンヌの芸域の広さと魅力を堪能できる。第106期生39人のお披露目もある。11月1日まで。【文・岸桂子、写真・山田哲也】

 歌舞伎俳優の坂東玉三郎が監修、植田紳爾が作・演出を担当した「WELCOME…」は、雪月花をモチーフに展開する。「月の巻」ではベートーベン「月光」が流れるなど、西洋音楽と日本舞踊の融合が見どころ。耳に残る主題歌を含め、歌劇初心者も楽しめる。本公演で退団するベテラン、松本悠里(専科)の情感豊かな踊りが舞台を引き締める。

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文709文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・伊藤健太郎容疑者を釈放 任意で捜査へ

  2. 逃走警察犬クレバを「叱らないで」 心配する声70件に兵庫県警「安心して」

  3. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  4. 22歳孫の祖母介護殺人「これはあなた自身の問題」 江川紹子さんの読み解き方

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです