メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第79期名人戦A級順位戦 羽生善治九段ー糸谷哲郎八段 第10局の2

 ここまで、手順は違うものの5月に行われた[先]羽生―[後]飯島栄治七段戦に合流した。当然ながら糸谷も認識していた。飯島戦で羽生は図から[先]3三角成[後]同桂[先]5六角と進めたが[後]4四角の反撃に遭って敗れた。[先]7六飛が本局の修正である。

 早指しの糸谷がこの手を見て長考に沈む。糸谷の兄弟子・山崎隆之八段は局後に「羽生―飯島戦を1回でもコンピューターにかけて調べておけば[先]7六飛は予想の範疇(はんちゅう)。この手を見て長考しているのはもったいない」と笑った。ただ、この辺のおおらかさが糸谷らしいといえばらしい。

 桂交換後に[後]6五桂と打った手がコンピューターソフト的には疑問手。この手で[後]8四桂と飛車取りに打ち、どこに飛車が逃げても[後]8八角と打てば難解な形勢とのことだ。

この記事は有料記事です。

残り491文字(全文838文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです