メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

5月の医療費11%減 コロナで受診控え顕著

概算医療費と患者数の推移

 病気やけがの治療で全国の医療機関に支払われた入院や外来、調剤などの概算医療費が今年5月は前年同月比で11・9%減った。厚生労働省が4~6月分のデータを公表した。4月は8・8%減で、5月に減り幅が最大になった。新型コロナウイルス感染拡大を受けて全国で緊急事態宣言が出され、受診控えが起きたためとみられる。

 6月は2・4%減まで縮小。しかし、小児科や耳鼻科の6月の外来医療費は3割減で、子どもの受診を控えさせる傾向が続いた。必要な医療が受けられていない恐れもある。首都圏など都市部ほど影響が長引いており、診療科や地域で状況が違う実態が浮かんだ。

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文695文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヤングケアラー~幼き介護 認知症の母を殺さなかった少女 元ヤングケアラー 27歳の今

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. ENEOSが先制 一回から4連続安打 ホンダと対戦 都市対抗

  4. 「パパ活への興味本位で」少女にみだらな行為 小学校教諭、懲戒免職 福岡県教委

  5. 東京で新たに561人の感染確認 2日連続で500人超 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです