メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

胃がん内視鏡検診、50~75歳が最適 費用対効果研究

 胃がん検診の内視鏡検査は、50~75歳に受けると費用対効果で最も優れているという研究結果を、国立がん研究センターと東京大のチームがまとめた。間隔は3年に1度が最適だった。検査には一定のリスクを伴うため、センターの片野田耕太がん統計・総合解析研究部長は「考えるきっかけにしてほしい」と話す。

 米国などでは、がん検診の対象年齢や受診間隔を費用対効果で分析し、ガイドラインに活用している。…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文482文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

  5. 首相、コロナ病床増へ意欲 医師や看護師の給与増提言に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです