連載

PICKUP

科学界の最新トピックスをピックアップします。

連載一覧

PICKUP

高温で藻の共生力低下 白化サンゴ回復難しく 基礎生物学研確認

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
<左>通常の飼育温度の25度で育てた褐虫藻(触手内の点)はイソギンチャクに多く取り込まれ<右>白化が起こりやすい32度で育てた褐虫藻は共生能力が低下した=基礎生物学研究所提供
<左>通常の飼育温度の25度で育てた褐虫藻(触手内の点)はイソギンチャクに多く取り込まれ<右>白化が起こりやすい32度で育てた褐虫藻は共生能力が低下した=基礎生物学研究所提供

 <ピックアップ>

 海水が高温になると、サンゴの体内にいる藻類「褐虫藻」の共生能力が低下することを基礎生物学研究所(愛知県岡崎市)などの研究チームが確かめ、国際専門誌「アイエスエムイー・ジャーナル」に発表した。褐虫藻がいなくなったサンゴは「白化現象」を起こし、回復は難しいとされるが、褐虫藻の共生能力を高められれば救える可能性がある。

 サンゴは、細胞内に共生する褐虫藻が作る栄養を主なエネルギー源にしている。白化は海水温の上昇によって起こるとされ、地球温暖化に伴い世界中のサンゴ礁で白化が進んでいる。白化後しばらくは生きていけるが、褐虫藻がサンゴの中に戻らなければ餓死する。回復するのはごく一部という。

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文599文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集