メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PICKUP

高温で藻の共生力低下 白化サンゴ回復難しく 基礎生物学研確認

<左>通常の飼育温度の25度で育てた褐虫藻(触手内の点)はイソギンチャクに多く取り込まれ<右>白化が起こりやすい32度で育てた褐虫藻は共生能力が低下した=基礎生物学研究所提供

 <ピックアップ>

 海水が高温になると、サンゴの体内にいる藻類「褐虫藻」の共生能力が低下することを基礎生物学研究所(愛知県岡崎市)などの研究チームが確かめ、国際専門誌「アイエスエムイー・ジャーナル」に発表した。褐虫藻がいなくなったサンゴは「白化現象」を起こし、回復は難しいとされるが、褐虫藻の共生能力を高められれば救える可能性がある。

 サンゴは、細胞内に共生する褐虫藻が作る栄養を主なエネルギー源にしている。白化は海水温の上昇によって起こるとされ、地球温暖化に伴い世界中のサンゴ礁で白化が進んでいる。白化後しばらくは生きていけるが、褐虫藻がサンゴの中に戻らなければ餓死する。回復するのはごく一部という。

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文599文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ODAでソロモン諸島に配備した防災連絡システム、約3年使われず 検査院指摘

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  4. 特集ワイド 令和おじさん、パンケーキおじさん 「庶民派」菅首相の正体 中島岳志・東工大教授に聞く

  5. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです