ベルリン少女像「当面容認」 地元当局、ぐらつく判断

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
少女像の撤去命令に抗議する人々=ベルリンで2020年10月13日、念佛明奈撮影
少女像の撤去命令に抗議する人々=ベルリンで2020年10月13日、念佛明奈撮影

 ベルリンの韓国系市民団体がベルリン市中心部ミッテ区の公有地に設置した従軍慰安婦を象徴する少女像について、区当局は13日、設置を「当面認める」と発表した。区は設置をいったん許可した後、方針を転換して14日までの撤去を命じていた。

 少女像は9月下旬に「コリア協議会」が中心となり、住宅街の公園前に設置した。一度、許可した区…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文400文字)

あわせて読みたい

注目の特集