メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「盛り土崩落で浸水」提訴 造成者らに賠償請求 大阪地裁

 台風21号で大雨が降った2017年10月、大阪府岸和田市の造成地で盛り土が崩落し、川をせき止めて住宅や工場などに浸水被害が出たとして、住民らが14日、造成地の所有者らに計2億円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした。災害対策が不十分な造成地で、盛り土などが崩れる被害は全国で後を絶たない。住民らは「崩落を防ぐ措置を取らなかった責任を問いたい」と訴えている。

 原告は、岸和田市大沢町の山間部に住む個人3人と、工場や倉庫を設置していた3社。造成地の所有者と工事業者らに、それぞれ300万~8000万円の賠償を請求している。

この記事は有料記事です。

残り922文字(全文1184文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ禍で東京オリンピックは開催できるのか 首相の経済回復願望と「五輪ムードない」医療の危機

  2. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  3. 熱血!与良政談 「菅降ろし」の始まり方=与良正男

  4. ORICON NEWS 第164回「直木賞」は西條奈加氏『心淋し川』 加藤シゲアキ受賞ならず

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです