特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ 合唱飛沫、前列へ前列へ 4人テーブル、隣の席が「最大」 理研など分析

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
シールド無し(上)とシールド有りで合唱したときの飛沫のシミュレーション=理化学研究所、豊橋技術科学大、神戸大提供
シールド無し(上)とシールド有りで合唱したときの飛沫のシミュレーション=理化学研究所、豊橋技術科学大、神戸大提供

 理化学研究所のスーパーコンピューター「富岳」で新型コロナウイルス対策の評価を進める理研などのチームは13日、「飲食店の4人掛けテーブルで最も飛沫(ひまつ)をかぶるリスクが高いのは、感染者の正面ではなく横に座る人」などとする飛散シミュレーション結果を発表した。隣り合う席の間に仕切りを設けるなどの対策と換気を組み合わせるのが重要だとしている。

 また…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文482文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集