メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

郵便の土曜配達、来秋にも廃止へ 配達日数も緩和 配達員の負担軽減

年賀状配達のセレモニーで、郵便局を出発する配達員=2019年、東京都内

[PR]

 政府がはがきや手紙の土曜日配達を廃止する郵便法改正案を26日召集の臨時国会に提出することが15日分かった。郵便配達員の負担軽減が狙いで、成立すれば2021年秋にも廃止となる見込みだ。

 法案は昨年の臨時国会で提出予定だったが、かんぽ生命保険の不正販売問題が収束していないことを理由に延期していた。日本郵政グループが今月5日から保険営業を再開し、一連の問題対応に一定のめどがついたと判断した。

 法改正が実現すれば、「週6日以上」を原則としている郵便物の配達は「週5日」に変わり、平日のみとなる。また通常の郵便物の翌日配達を廃止し、配達日数も緩和する。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 福井でクマ2頭、襲われ3人けが 敦賀の北陸新幹線工事現場など 1頭は射殺

  5. NHK広島の差別的ツイート 朝鮮総連も人権救済申し立て「恐怖と精神的苦痛」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです