特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

世界全体の政府債務残高は過去最大、GDP合計と同規模に IMF予測

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国際通貨基金(IMF)の本部=米ワシントンで
国際通貨基金(IMF)の本部=米ワシントンで

 国際通貨基金(IMF)は14日公表した財政報告で、2020年の世界全体の政府債務残高が国内総生産(GDP)合計額に対し98・7%とほぼ同規模となり、過去最大に膨れると予測した。新型コロナウイルス感染症へ対応するための各国の巨額財政出動が響き、19年の83・0%から15・7ポイントの急上昇。日本も28・2ポイント増の266・2%と、先進国でも突出して高くなる。

 IMFのゲオルギエワ専務理事は記者会見で「早急に支援を止めれば、深刻なリスクにつながる」として、危機を乗り切るまで当面は新型コロナ対策の継続が必要との認識を示した。ただ、各国はコロナへの対応とともに、将来的には一層悪化した財政の再建という難しいかじ取りを迫られる。

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文587文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集