メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「中国の拡張主義と断固闘って」亡命の香港民主活動家、習主席来日に反対

毎日新聞のインタビューに応じる羅冠聡氏(オンライン取材の映像を撮影)

 香港の民主活動家で英国に事実上、亡命中の羅冠聡(らかんそう)氏(27)が14日、毎日新聞のインタビューに応じた。羅氏は「香港の民主化運動を支持し、中国の拡張主義と断固として闘ってほしい」と国際社会に呼びかけた。また日本政府に対し「民主主義の価値観を共有するアジアの強国として、中国の脅威を封じ込めるため力を尽くしてほしい」と期待を示した。羅氏は香港当局から「国家の分裂を扇動した」として、香港国家安全維持法(国安法)違反容疑で指名手配されている。

 羅氏は、中国政府の香港に対する統制を強化する国安法が6月30日に施行される直前に香港を脱出した。

 羅氏は「国安法によって、目立つ活動家は大きな危険にさらされた。国際社会に声を上げ続けるため、香港を離れるしかないと決意した」と理由を語った。

 羅氏は香港に戻れば逮捕される。「愛する香港を離れるのはとてもつらかった。しかし、自由を取り戻した香港に戻れる日がきっと来ると思う」と力を込めた。

 現在、羅氏は英国を拠点に各国政治家への要請や講演など精力的に活動を続けている。今年のノーベル平和賞でも有力候補として名前が取りざたされた。受賞は逃したが、羅氏は「中国共産党の脅威と闘い続けるすべての香港市民こそがノーベル平和賞に値する」と強調した。

 中国と激…

この記事は有料記事です。

残り1534文字(全文2081文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱重工広島vs日本新薬 第8日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗

  2. 改造スクールバスで「移動式ウエディング」 3密回避 名所巡りライブ配信も 北海道

  3. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 横綱の休場続きで重み揺らぐ角界番付 21年は新時代の幕開けか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです