メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

BTS所属事務所、一躍最大手に 韓国で上場、時価総額8000億円

上場式に出席した房時爀(パン・シヒョク)ビッグヒットエンターテインメント代表(右から3人目)=韓国取引所で2020年10月15日午前9時(韓国記者団代表撮影・朝鮮日報提供)

 韓国の人気グループ「BTS(防弾少年団)」の所属事務所「ビッグヒットエンターテインメント」が15日、日本の東証1部にあたる韓国取引所に上場し、公募価格の2倍に近い25万8000ウォン(約2万4000円)で取引を終えた。時価総額は8兆7323億ウォン(約8000億円)で、韓国総合株価指数(KOSPI)で32位に浮上。韓国芸能事務所の最大手企業として株式市場にデビューした。

 BTSはこの日、米国の3大音楽賞「ビルボードミュージック・アワード」で「トップソーシャルアーティスト」賞を4年連続で受賞することも決まった。ビッグヒットは売上高の9割をBTSに依存しており、兵役で一部メンバーが抜けた時、韓流コンテンツ市場に影響が出るとの専門家の見方も出ている。

 上場式で同社の房時赫(パンシヒョク)代表は「革新的な事業モデルを発掘し、グローバル市場で成長していく」と力説した。新型コロナウイルスの影響でコンサートが開けない中、独自アプリでコンサート動画を配信する枠組みを世界に普及させる計画とみられる。

ファンには高すぎ?「バブル現実化」

 だが、ストップ高(制限値幅の上限)を2、3日続けるとの観測が飛び交っていただけに、ストップ高が取引開始から15分間しか続かなかったのは予想外の展開。「エンタ…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文877文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 炎の中から兄の叫び 阪神大震災 4児の母「つらいけど、忘れたくない」

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 6歳で亡くなった娘「もう一度夢に出てきて」 阪神大震災26年、遺族が思い

  4. 阪神大震災 命救う、今こそ 犠牲乳児抱いた中2の30分、看護師原点

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです