漁船に乗って「まず体験」から就業へ 宮城・気仙沼で初の「漁師学校」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
船首から「突きん棒」を投げる参加者=宮城県気仙沼市で2020年10月10日午後2時45分、深津誠撮影
船首から「突きん棒」を投げる参加者=宮城県気仙沼市で2020年10月10日午後2時45分、深津誠撮影

 宮城県気仙沼市と一般社団法人「フィッシャーマン・ジャパン」が協働し、漁業の担い手の増加を図る「漁師学校」が10、11日、同市の唐桑半島で初めて開催された。首都圏から訪れた就業希望者3人が、漁船に乗って漁業を体験し、船に関する基本知識などを学んだ。

 地元漁師が、船首から銛を投げてメカジキを仕留める「突きん棒」という漁の方法などを手ほどき。船を接岸する…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文442文字)

あわせて読みたい

注目の特集