メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

椙山女学園大と愛知淑徳大の学生、名古屋のマンションをデザイン

壁紙とカーテンのコントラストが際立つ、学生が学生のために作ったマンションの一室=名古屋市千種区星ケ丘で2020年10月8日午後1時20分、川瀬慎一朗撮影

 学生による学生のための学生マンションが、名古屋市千種区・星ケ丘に完成した。部屋をデザインしたのは近くの椙山女学園大と愛知淑徳大で建築やインテリアを学ぶ学生7人。「ここだけの特別な部屋を作ったので、気に入ってほしい」と入居を呼びかけている。

 学生生活全般をサポートする「学生情報センター(ナジック)」(京都市)が管理する学生マンションで、両大学の現4年生が2019年10月から、建築士と共に4室の内装デザインをゼミ…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文519文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 菅政権は自民「脱原発派」の追い風になるか 再エネ普及にも意欲

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです