海自の新型潜水艦「たいげい」進水式 電池動力で静粛性向上 初の女性専用寝室も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新たに建造された潜水艦「たいげい」=神戸市兵庫区和田崎町1の三菱重工業神戸造船所で2020年10月14日午前10時24分、春増翔太撮影
新たに建造された潜水艦「たいげい」=神戸市兵庫区和田崎町1の三菱重工業神戸造船所で2020年10月14日午前10時24分、春増翔太撮影

 海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」の進水式が14日、神戸市兵庫区の三菱重工業神戸造船所であった。建造費800億円をかけ、初めて電池を主動力源にした最新鋭。海自は探知能力や静粛性が従来より向上したとしている。

 全長84メートル、全幅9・1メートル。最新のソナーを備え、リチウムイオン電池を使ったモーターで動くため…

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文391文字)

あわせて読みたい

注目の特集