元ラグビー日本代表メンタルコーチに聞いた「勉強のやる気」の引き出し方

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
荒木香織さん
荒木香織さん

 ラグビー日本代表がスポーツ史に残る大金星を南アフリカから挙げた2015年ワールドカップ(W杯)イングランド大会。あの活躍を裏で支えたのがメンタルコーチだった荒木香織さんだ。「やる気」の引き出し方など勉強にも応用できるヒントを聞きました。【聞き手・三木陽介】

 ――ずばり教えてください。勉強の「やる気」はどうすれば引き出せますか。

 ◆モチベーション理論では「主体性」「有能感」「関連性」の3要素が動機付けにつながるといわれています。主体性とは自分で選択すること。子どもの主体性を育むには大人が複数の選択肢を与えて子どもが選ぶことができるようにしてあげればいいと思います。なかなか勉強が手につかない子には、勉強する時間をご飯の後にするのか、朝なのか、帰ってすぐなのか選択肢を与えてみたり、教材を一緒に買いに行って選ばせてあげたりすることなどが考えられるかと思います。

 ――15年のラグビーW杯イングランド大会の日本対南ア戦での大逆転劇は「主体性」が生んだそうですね。

 ◆試合終了直前、3点差で負けていた日本はペナルティーを得ました。エディー・ジョーンズ・ヘッドコーチ(当時)の指示は「ペナルティーキックで同点を狙え」でした。でも、選手たちはその指示に従わずトライを狙いにいこうと決めて、見事にトライを奪い逆転勝ちしたのです。自分たちの意志と判断で行動した、この主体性こそ、エディーさんと私がずっと選手たちに求め続けてきたことで、大舞台でそれを発揮してくれたのです。

 ――有能感とは何ですか?

 ◆何かが…

この記事は有料記事です。

残り2391文字(全文3040文字)

あわせて読みたい

注目の特集