メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

共通テスト、濃厚接触者の受験可能に 症状なければ終日別室で 文科省

文部科学省=東京都千代田区で

[PR]

 大学入試センター試験に代わって今年度初めて実施される大学入学共通テストを巡り、文部科学省は15日、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者であっても、症状がない場合は、終日別室で受けることなどを条件に受験を認めることを決めた。6月に公表したガイドラインでは、14日間の健康観察期間中の濃厚接触者の受験は認めない考えを示していたが、会場内での感染拡大リスクは大きくないと判断し、方針転換した。

 15日、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会で了承された。受験を認める場合は、自治体などによるPCR検査で陰性が出ていることや、公共交通機関を利用せずに試験会場へ行くことなどを条件とする。通常の教室で試験に臨む受験生と接触させずに別室まで誘導し、試験監督者らと2メートル以上の距離を保つよう求める。

 文科省は、感染が疑われる場合に共通テストの受験を認めるかどうかを判断するためのチェックリストも新たに公表した。試験会場で体調不良を訴え、医師による診断の結果、新型コロナウイルスの特徴的な症状とされている①37・5度以上の発熱②息苦しさ③強いだるさ――の一つでも該当すると判断された場合、当日の受験を認めずに追試に回ってもらう。【大久保昂】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  2. 過失運転致傷の会社員に無罪判決 「衝突回避は非常に困難」 福岡地裁

  3. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  4. ひき逃げか 市道で自営業の男性死亡 福岡・宗像

  5. 女子高生2人死傷事故「事故の可能性、予見不可能」 低血圧の被告に無罪判決 前橋地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです