メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近鉄高架下の83歳店主が中皮腫で死亡 04、15年に続き石綿被害3人目 大阪

記者会見で、中皮腫で亡くなったうどん店店主の女性について説明し、防止策の必要性を訴える長男(左手前)ら=大阪市中央区内本町1の関西労働者安全センターで2020年10月15日午後2時51分、近藤諭撮影

 大阪府内の近畿日本鉄道(大阪市)の高架下貸店舗でうどん店を経営していた女性(当時83歳)が、2020年6月にがんの一種「中皮腫」で死亡していたことが分かった。女性の長男(62)が15日、大阪市内で記者会見した。同じ高架下で中皮腫にかかり死亡したのは、女性で3人目。長男は近鉄などに対し、慰謝料など約3600万円の賠償を求めている。

 長男によると、女性は1970~15年に高架下の貸店舗でうどん店を経営していた。2階建ての1階を店舗、2階を倉庫や休憩所として使っていたが、2階の壁には有害性が強い「青石綿」が吹き付けられ、むき出しだったという。女性は19年12月に胸膜中皮腫と診断され、20年6月に死亡した。

この記事は有料記事です。

残り1777文字(全文2081文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS [東京ドラマアウォード]グランプリに『いだてん~東京オリムピック噺~』 主演賞には生田斗真&黒木華

  2. 体操・内村が新型コロナ感染

  3. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  4. ORICON NEWS フジ『アウト×デラックス』今夜放送分は「これから収録」 伊藤健太郎容疑者の出演回差替えで緊急対応

  5. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです