メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

稲の害虫・トビイロウンカ大発生 西日本一帯で過去最悪 被害、東海地方にも

稲の茎から養分や水分を吸うトビイロウンカ=山口県病害虫防除所提供

 近年、九州を中心に被害をもたらしている稲の害虫「トビイロウンカ」が今年は東海地方や西日本一帯で大量発生し、過去最悪の広がりを見せている。長年被害が確認されていなかった愛知県が22年ぶり、京都府が33年ぶりに発生警報を発表した他、山口県は9月の作況指数が現在の形で統計を取り始めた1958年以降で最悪の83(不良)に落ち込んだ。長梅雨の影響で中国からの飛来が多く、夏の記録的暑さで更に増殖したとみられている。

 「ひどいよ、全部駄目になった」。10月初旬、山口県下関市豊北町地区の米農家、中山清文さん(75)は枯れた稲を燃やしながらため息をついた。9月に入った頃、稲田の一部の稲が丸く枯れるウンカ被害特有の「坪枯れ」に気づいて防除を試みたが、約60アールがほぼ全滅した。「雨がよう降りよった梅雨の頃に薬をやっとかないかんかった」。中山さんは唇をかむ。

 同地区の綿野光治さん(89)は自身の分と近隣農家5軒から請け負った計約3ヘクタールが被害に遭った。「こんなことが続いたら生産…

この記事は有料記事です。

残り674文字(全文1111文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです