特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

汚染処理水「海洋放出での風評被害発生は必至」 全漁連が経産相に要望

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
汚染処理水の海洋放出に反対し、慎重な判断を求める要請書を梶山弘志経済産業相(右)に手渡す岸宏全国漁業協同組合連合会会長=東京都千代田区の経産省で2020年10月15日午後2時7分、荒木涼子撮影
汚染処理水の海洋放出に反対し、慎重な判断を求める要請書を梶山弘志経済産業相(右)に手渡す岸宏全国漁業協同組合連合会会長=東京都千代田区の経産省で2020年10月15日午後2時7分、荒木涼子撮影

 東京電力福島第1原発のタンクにたまり続ける汚染処理水の処分を巡り、全国漁業協同組合連合会(全漁連)の岸宏会長らは15日、東京都内で加藤勝信官房長官や梶山弘志経済産業相ら3閣僚と個別に面会した。梶山氏には慎重な判断を求めたのに対し、梶山氏は「政府として責任を持ち、早期に方針を決定する」と応じた。

 面会には、福島県漁業協同組合連合会の野崎哲会長も同席した。岸会長らは梶山氏に「海洋放出での風評被害の発生は必至だ。漁業者の挫折感を含め、将来の展望を壊しかねない」と訴えた。…

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文589文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集