メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「松本城に金メダルを」 柔道の出口クリスタ選手 五輪カナダ代表へ意気込み 長野

臥雲義尚市長(右)と腕を突き合わせる出口クリスタ選手=長野県松本市役所で2020年10月9日午前11時50分、武田博仁撮影

[PR]

 長野県塩尻市出身で、東京五輪柔道女子57キロ級でカナダ代表として金メダルを目指す出口クリスタ選手(24)=日本生命=がこのほど、高校時代を過ごした松本市の臥雲義尚市長を表敬訪問した。出口選手は「頂点に向けて頑張りたい」と誓った。

 出口選手は松商学園高を経て山梨学院大(甲府市)に進学。2017年に父の母国のカナダ代表への道を選択した。19年の世界選手権女子57キロ級で初優勝し、世界ランキング1位。五輪延期でカナダ代表選考会も延期になったため五輪出場はまだ決まっていない。

 臥雲市長が「松本市民としても誇り。五輪がどうなるか明かりが見えてきた?」と尋ねると、出口選手は「延期で一時パニックになったが、自宅でできるトレーニングをしていました。練習が再開したので、もう一度調整して取り組む」と応えた。現在は山梨学院大で通常に近い練習をこなしているという。

 カナダ代表を選択したことは「人生最大の決断。試合で負け続けて打ちひしがれた時もあったが、地元や家族、コーチの支援もあって、今はよかったと思う」と振り返った。

 臥雲市長は「日本の枠に収まらないスケールと感性がある。古里の代表として海外にはばたき、栄冠を」と励ますと、出口選手は「自分のやることをやるだけ。金メダルを松本城天守閣で見せたいですね」と笑わせた。【武田博仁】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』駅弁販売 JR九州とコラボで特産品使ったメニュー グッズも発売へ

  2. 大阪・梅田HEP FIVEから高校生転落し死亡 路上の10代巻き添え意識不明

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです