メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月場所「観客、席数増やす」 相撲協会方針 “上限5000人”検討

両国国技館=東京都墨田区で、本社ヘリから

[PR]

 日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱・大乃国)は15日、11月場所(11月8日初日、東京・両国国技館)について観客数の上限を増やす方針を明らかにした。協会は新型コロナウイルス対策のため、両国国技館で開催した7月場所、秋場所は4人用のマス席を1人での使用とするなど、定員の約4分の1にあたる2500人を上限に観客を入れて開催した。

 会場を福岡から東京に移して開催する11月場所に関して、芝田山部長は「観客、席数を増やす予定でいる」と明言した。相撲関係者によると、上限を約5000人とする案が検討されているという。協会は19日の臨時理事会で正式に開催方式を決定。新たな感染防止対策も発表するとみられる。【村社拓信】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです