メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プレスリリース

SAMHK、香港で初のREIT・ETFを上場(共同通信PRワイヤー)

情報提供:共同通信PRワイヤー

プレスリリースページの情報について

AsiaNet 86071 (1848)

 
【香港2020年10月15日PRNewswire =共同通信JBN】Samsung Asset Management (Hong Kong) Limited(SAMHK)は、香港証券取引所で初めての不動産投資信託(REIT)の上場投資信託(ETF)となるSamsung S&P High Dividend APAC ex NZ REITs ETF(香港ドル建てカウンター3187.HK、米ドル建てカウンター9187.HK)の上場を発表する。S&P High Yield Asia Pacific-Ex New Zealand REITs Select Indexの動きを追い掛けるこのETFは、上場価格が約2.5米ドル(約20香港ドル)に設定され、取引単位200ファンドユニットの初回投資額は約500 米ドル(約3900香港ドル)となる。

配当はマネージャーの裁量によって2021年から半年ごとに米ドル建てて支払われる。裏付けとなる指数は、シンガポールや香港、オーストラリアや日本を含むアジア太平洋の先進国市場に上場された30銘柄のREITで、合計時価総額は約719.4億米ドル(注1)に上り、裏付け指数の表示配当利回りは5.73%(注1)。

Samsung Asset Managementの副最高経営責任者(CEO)兼最高投資責任者(CIO)のJaekyu Bae氏は「過去10年間にREITは、アジア太平洋の繁栄する不動産市場で重要な勢力に発展してきた。アジア太平洋のREITは2019年、過去最高となる140億ドル以上の資金(注2)を集めた。Samsung S&P High Dividend APAC ex NZ REITs ETF の上場は、広範で時節にあった適切な投資手段を世界のETF 投資家に届けようとするSAMHKの固い決意を証明している」とコメントした。

S&P Dow Jones Indicesのマネジングディレクター兼アジア太平洋ヘッドであるRobin Lo 氏は「香港で初のREIT・ETFの基盤として役立てるために、S&P High Yield Asia Pacific-Ex New Zealand REITs Select IndexをSAMHKにライセンス供与したことをうれしく思う。アジア大手金融機関であるSAMHKと将来さらに協力を深めたいと願っている」と述べた。

▽ETFの詳細
銘柄コード: 香港ドル建てカウンター3187.HK、米ドル建てカウンター9187.HK

初回投資額:約3900香港ドル(約500 米ドル)

受託者: Cititrust Limited

信託報酬: 年間0.65%

裏付け指数: S&P High Yield Asia Pacific-Ex New Zealand REITs Select Index

配当方針: 2021年から半年ごと、マネージャーの裁量による

 
▽Samsung Asset Management (Hong Kong)について
SAMHKは香港で主に資産運用と証券投資顧問業務に取り組んでいる。香港証券先物委員会(SFC)からタイプ4(証券助言)とタイプ9(資産運用)の免許を取得している。

 
(注1)2020年9月30日時点のS&P Dow Jones Indices
(注2)Jones Lang LaSalleより



ソース:Samsung Asset Management


情報提供:共同通信PRワイヤー

プレスリリースページの情報について

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. ODAでソロモン諸島に配備した防災連絡システム、約3年使われず 検査院指摘

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  5. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです