メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

シェークスピア全集初版本、10億円で落札 史上最高額

 英国の文豪ウィリアム・シェークスピアの戯曲全集の初版本「ファースト・フォリオ」が10月14日、競売にかけられ、997万ドル(10億5000万円)で落札された。ニューヨークで撮影(2020年ロイター/Carlo Allegri)

[PR]

 [14日 ロイター] - 英国の文豪ウィリアム・シェークスピアの戯曲全集の初版本「ファースト・フォリオ」が14日、競売にかけられ、997万ドル(10億5000万円)で落札された。

 競売大手クリスティーズ・ニューヨークが明らかにした。文学作品としては史上最高の落札額という。

 落札された初版本は1623年の出版。シェークスピアの戯曲36作品が収録されている。このうち「マクベス」「ジュリアス・シーザー」など18作品は、この全集で初めて発表されており、この本がなければ、現存していなかった可能性がある。

 落札した米国の個人収集家は「完全な形で残っている初版本はごくわずかで、購入できて光栄だ」との声明を発表した。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

  2. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  3. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  4. 「はじめの一歩」船田元 「イエス」だけで固めるなら学術会議の価値がなくなる

  5. 「余命2年」 30歳ライフガードの男性が生前葬を開くことにした理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです