メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画「薬の神じゃない!」の一場面

 上海の小さな薬屋の店主チョン・ヨン(シュー・ジェン)は、妻に逃げられた金欠の中年男。ある日、彼は白血病患者のリュ(ワン・チュエンジュン)から思わぬ依頼を受ける。中国国内で認可されている白血病治療薬の値段が高すぎるため、同じ成分ではるかに安いインド製後発薬を仕入れてほしいというのだ。金に目がくらんだチョンは、ダンサーや不良青年らを仲間に引き入れて荒稼ぎするが……。

 元ネタは中国で医療改革のきっかけになった後発薬密輸事件。エイズ治療薬を題材にした米映画「ダラス・バイヤーズクラブ」の中国版というべき内容だ。人の命に関わる切実な問題を庶民の目線で訴えるドラマは情感たっぷり。そこが中国で大ヒットした要因だろう。登場人物の非業の死など劇的な展開が山盛りで、どこまで事実に沿っているかは怪しいが、がめついダメ男が使命感に目覚めていく姿や仲間との友情も熱く描かれ、社会派娯…

この記事は有料記事です。

残り198文字(全文581文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  2. 過失運転致傷の会社員に無罪判決 「衝突回避は非常に困難」 福岡地裁

  3. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. ひき逃げか 市道で自営業の男性死亡 福岡・宗像

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです