メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 静内高でクラスター 道内新たに30人 夕張市消防本部も /北海道

 道内では15日、新たに30人の新型コロナウイルス感染が確認され、道内の感染者は計2438人となった。道内の小中高で初となる静内高校(新ひだか町)と、夕張市消防本部で新たなクラスター(感染者集団)が認定され、道内で50件となった。札幌市7件▽千歳市1件▽胆振管内2件▽日高管内1件▽空知管内1件の計12件が未収束で、道は感染拡大に警戒を強めている。

 新規感染者の内訳は、札幌市11人▽小樽市2人▽空知管内10人▽胆振管内1人▽日高管内5人▽釧路管内1人。うち14人の感染経路が不明という。札幌市のススキノの接待を伴う飲食店関係は1店5人増の計61店203人となった。小樽市の20代女性はクラスターが収束した市立病院の職員だが、市は院外で感染したとみている。

この記事は有料記事です。

残り641文字(全文969文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相の資産6277万円 内閣平均1億651万円 閣僚ら資産公開

  2. 下地幹郎衆院議員、自民沖縄県連に復党願 IR汚職巡り維新から除名処分

  3. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  4. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです