角川ドワンゴ学園 通信制「S高校」開校 ネット活用し授業 来春つくばに /茨城

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
2021年4月に開校予定のS高校が活用する茨城県の旧つくば市立筑波西中学校の校舎=角川ドワンゴ学園提供
2021年4月に開校予定のS高校が活用する茨城県の旧つくば市立筑波西中学校の校舎=角川ドワンゴ学園提供

 学校法人「角川ドワンゴ学園」(沖縄県)は15日、廃校となった旧つくば市立筑波西中学校(同市作谷)の校舎を活用し、2021年4月に通信制高校「S高校」を開校すると発表した。S高校はオンライン授業が中心の学校で、同法人が通信制高校を開校するのは2校目となる。

 角川ドワンゴ学園は16年、インターネットと通信制高校の制度を活用し、校舎での学習時間を最小限にする「N高校」を沖縄県うるま市に開校。全日制高校と同じ高校卒業資格を取得でき、授業は主にネットで実施。自治体と協力して職業体験なども行ってきた。

 N高校の生徒が20年10月現在で約1万6000人となり、対応人数の限界となる2万人に迫ったため、つくば市にS高校を開校することになった。つくばは研究学園都市として有名で、東京へのアクセスも良いなどインフラが整っていることが決め手の一つとなった。旧筑波西中の校舎と敷地は賃貸となる。

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文737文字)

あわせて読みたい

ニュース特集