メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水彩で描く風景画35点 18日まで 愛好家が展示会 名張 /三重

繊細な色合いの作品が並ぶ会場=三重県名張市元町で、久木田照子撮影

 名張市内の水彩画愛好家7人が出品する「第41回名張水彩画会展」が15日、同市元町のリバーナホールで始まった。会員が県内外を訪ねて描いた風景画など計35点を展示している。18日まで。

 同会は2000年に発足。毎年春と秋に展示会を開くが、今春は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて展示を取りやめた。

 1年ぶりの展示となる今回は、同市の赤目…

この記事は有料記事です。

残り206文字(全文374文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大都市部高止まり傾向 東京561人、大阪463人 全国最多更新 新型コロナ

  2. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  3. アイスダンス転向の高橋 まさかのミス「これが試合」 フィギュアNHK杯

  4. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  5. 日本銀行が国内株の最大保有者に浮上 時価45兆円 GPIFを抜いたか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです