メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歯型取り違え 鑑定結果、複数人で確認 県警がマニュアル化 /滋賀

 捜査時の鑑定作業で歯型を取り違えたことによる女性誤認逮捕問題を受け、県警は15日の定例記者会見で、鑑定結果に誤りがないか複数人でチェックすることなどを盛り込んだマニュアルを作成していると明らかにした。

 県警は2019年10月、乳児の腕にかみついたとして母親を傷害容疑で逮捕。大津地検が起訴したが、証拠の歯型が別の関係者のものと分かり、地検が20年9月18日に起訴を取り消した。鑑定官1人で歯型の鑑定を行い、取り違えが起きたことから、…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文543文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相の資産6277万円 内閣平均1億651万円 閣僚ら資産公開

  2. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  3. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 「独立性が揺らぐ事態 任命拒否はありえない」 吉川弘之・元学術会議会長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです