メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つむぐ平和

広島二〇二〇/21 国籍問わず、日々奔走 武藤貢さん(70)=福山市 /広島

武藤貢さん=広島県福山市霞町で、中島昭浩撮影

 「誰もが安心、安全を感じて生活できる状態が平和だと思う。今の日本は必ずしもそうではない。格差が激しい」

 32年前に東京から妻の出身地・九州に近い福山に移り住み、労働運動に関わってきた。2006年に労働組合「福山ユニオンたんぽぽ」を設立し、社会問題化していた非正規雇用者の支援を始めると、技能実習生の中国人女性3人から未払い賃金の相談を受けた。以後、国籍問わず労働者の権利保護を訴えている。

 福山市やその周辺には現在、縫製工場が大小含めて約200社あるとされる。以前は工場の近所の人が家にミシンを置いて副業で手伝ってくれたが、十数年前から高齢化や人材不足で、外国人に頼らざるを得なくなっているという。

この記事は有料記事です。

残り619文字(全文919文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 福井でクマ2頭、襲われ3人けが 敦賀の北陸新幹線工事現場など 1頭は射殺

  5. NHK広島の差別的ツイート 朝鮮総連も人権救済申し立て「恐怖と精神的苦痛」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです