メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 大学共通テスト、陰性条件 濃厚接触者、受験可に

 大学入試センター試験に代わって今年度初めて実施される大学入学共通テストを巡り、文部科学省は15日、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者であっても、症状がない場合は、終日別室で受けることなどを条件に受験を認めることを決めた。6月に公表したガイドラインでは、14日間の健康観察期間中の濃厚接触者の受験は認めない考えを示していたが、会場内での感染拡大リスクは大きくないと判断し、方針転換した。

 15日、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会で了承された。受験を認める場合は、PCR検査で陰性が出ていることや、公共交通機関を利用せずに試験会場へ行くことなどを条件とする。通常の教室で試験に臨む受験生と接触させずに別室まで誘導し、試験監督者らと2メートル以上の距離を保つよう求める。

この記事は有料記事です。

残り186文字(全文524文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  4. 重症者440人 急速に状況悪化 病床使用率も全国的に上昇 医療崩壊懸念

  5. 特権を問う 地位協定60年 米軍私有車、税減免14億円 政府間合意、自治体反発 19年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです