メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

人の本性は善だという性善説の孟子は…

[PR]

 人の本性は善だという性善説の孟子(もうし)は、告子(こくし)という思想家と論争している。人の本性は渦巻く水のようで善でも悪でもないと説く告子に、孟子は人の性が善なのは水が高所から低所へ流れるようなものだという▲手で水を打てば跳ね上がり、流れをせき止めれば水面は上がっていく。しかしそれは水の本性ではない。時に不善がなされるのは外から加えられる「勢い」に動かされるからだと孟子は説く。ご納得いただける理屈かどうかは微妙だ▲ただ今も性善説が公の期待を集めることがある。コロナ禍で困窮した事業者を助ける持続化給付金が、確定申告書などを添えて簡単にオンライン申請できたのもその一例である。不正申請防止よりも、一刻も早い救済が急がれたのだ▲性善説論者には残念なことに、各地で給付金の不正受給が相次いで発覚、詐欺容疑で摘発が続いている。悪質なのは若者らを集めて虚偽申請を指南し、詐取した給付金を吸い上げる連中である。軽い気持ちで誘いに乗った若者も多い▲悪事は外の力の「勢い」のせいという性善説の救いは、摘発報道を見て自首や返金を希望する不正受給者が殺到していることだ。政府は不正受給者が自主返納すれば、本来課せられる「加算金」を免除すると表明し、返還を促した▲給付を急ぐのはいいが、電話での本人確認などのチェックはすべきだったと指摘する専門家もいる。なるほど悪事を誘発する制度も、「民を罔(あみ)する(網で捕らえる)」政治を批判した孟子の意に反しよう。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  2. 北関東の豚盗難に関与か、ベトナム人宅を家宅捜索 2人を入管法違反容疑で逮捕

  3. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  4. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  5. 過失運転致傷の会社員に無罪判決 「衝突回避は非常に困難」 福岡地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです