メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第79期名人戦A級順位戦 羽生善治九段ー糸谷哲郎八段 第10局の3

 先手玉も安全とは言い切れず怖いところだが、羽生が強く[先]7三歩成と踏み込みを見せたのが図の局面。「ここで[後]6九角成[先]4八玉[後]5八香が一番格好いいかと思ったのですが、読み切れなくて妥協しました」と糸谷は感想を述べた。以下[先]2七金[後]2五桂[先]3八玉が感想戦で並べられ、「これはたしかに分かりませんね」(羽生)という難解な変化だ。本譜も難解な形勢だが、羽生が[先]4六香(途中図)と打った局面で、糸谷が[後]5二金と受けたのが疑問手とコンピューターソフトの解析。ここで形勢が先手に大きく傾いた。[後]5二金では[後]6八飛成[先]同角[…

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文697文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. ORICON NEWS 中居正広&劇団ひとり&古市憲寿、絵本プロジェクトが集大成「アニメ化も視野に…」

  4. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  5. 大阪・万博記念公園の遊歩道で倒木 40代の頭を直撃、負傷 樹齢50年で腐食

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです