メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

BS未来館

少し変わったふるさと自慢

鉄道模型が走るカフェを訪ねる三宅裕司(右)

 「ふるさと」がタイトルについた番組は数多いが、BS日テレの「三宅裕司のふるさと探訪」(水曜午後8時)は個性的だ。21日の舞台は東京都葛飾区。視聴者が推薦した四つの「ふるさと自慢」を訪ねる。

 葛飾といえば、寅さんの柴又が定番だが、三宅は行かない。最初は「線路だらけのカフェ」。喫茶店の中を鉄道模型が走り回る。線路は何層にも高架式にして、高さ2メートルにもなる。鉄道ファンは大喜びだろう。

 次は「アイスコーヒーラーメン」。実物を見た三宅は絶句する。コーヒーを練り込んだ麺で作ったラーメンである。チャーシューやゆで卵に加え、ソフトクリームやバナナもトッピング。B級グルメとも違う独自の路線だが、「遠くから食べに来る人も」と店主。

この記事は有料記事です。

残り186文字(全文498文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ、国内の死者5000人に 14日間で1000人増

  2. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 警視庁担当記者が過激派「中核派」のアジトに入り、見た世界とは

  5. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです