メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

#最後の1年

明大ラグビー部FW・三好 スクラムの背骨、久々実戦 逆境でこそ成長できる

立教大戦で密集での攻防に加わる明治大の三好(中央)

 円陣を組み、仲間の士気を感じ取ると、紫紺のジャージーをまとった15人は無観客のグラウンドに散らばった。新型コロナウイルス感染予防とチーム強化の両立を図ってきた明治大ラグビー部。10月4日、東京都世田谷区の明大八幡山グラウンドに立教大を迎え、関東大学対抗戦の開幕戦に臨んだ。早稲田大に敗れて連覇を逃した1月11日の全国大学選手権決勝以来、実に約9カ月ぶりの公式戦。「紫紺ってかっこいいな。久しぶりに見たから改めてそう感じたのかな」と、田中澄憲監督(44)も胸を躍らせた。

 その田中監督から「セットプレーでエナジー(活力)を与えてくれ」と重戦車FWのけん引役として送り出されたのが、フッカーの三好優作(22)=文学部4年=だった。対抗戦での先発出場は初めてだったが、落ち着いたプレーを展開。新型コロナの感染拡大で全体練習ができなくなった4月以降、個人練習で磨いてきたスローイングでラインアウトを安定させ、最初のトライの起点となった。スクラムもコントロールして優勢を保ち、7…

この記事は有料記事です。

残り1662文字(全文2097文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

  2. NHK、総務省提案の受信料義務化に慎重姿勢 「支払いは視聴者理解のもと」

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  5. 「はじめの一歩」船田元 「イエス」だけで固めるなら学術会議の価値がなくなる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです