メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 飛沫量 カラオケ、会話の10倍超 豊橋技術科学大

 カラオケで飲食をしながら歌ったり、大声で歌ったりすると、口から出る飛沫(ひまつ)の量が通常の会話時の10倍以上になるとの実験結果を、豊橋技術科学大(愛知県豊橋市)の飯田明由教授が15日、発表した。飛沫が飛ぶ距離も延びるとみられる。

 飯田教授は「大声での会話やカラオケは想像以上に飛沫が多く出る。カラオケ店や飲食店で、新型コロナウイルス感染が広がる一つの原因になっているのではないか」と話した。実験結果は、飛沫を減ら…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文522文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです