メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ プロ野球、満員検証 制限緩和、対策効果見極め

 政府は15日、横浜スタジアム(横浜市)で30日~11月1日に開かれるプロ野球の試合で、人数制限を収容人数の8~10割まで緩和し、新技術を活用して感染防止策の効果を検証する技術実証を行うことを決めた。15日に開いた専門家らによる新型コロナウイルス感染症対策分科会で提案し、了承された。実証の結果を踏まえ、球場などでの制限緩和が可能かどうか検討する。

 大規模イベントの人数制限は現在、収容人数1万人超の施設では収容率50%を上限としている。プロ野球開催時の横浜スタジアムの収容人数は最大約3万4000人のため、同球場を本拠地とするDeNAは観客数の上限を1万6000人としている。

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文662文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです