メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会保障給付費 18年度121兆5408億円 過去最高 前年度比1.1%増

 厚生労働省

 厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は16日、医療や介護、年金などの社会保障給付費の2018年度総額が121兆5408億円で、過去最高を更新したと発表した。前年度比で1兆3391億円(1・1%)の増。高齢化の進展や医療の高度化で、右肩上がりの状況が続いている。

 社会保障給付費は税金や保険料で賄われ、利用者の自己負担は含まれない。18年度の1人当たりの給付費は1…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文460文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・伊藤健太郎容疑者を釈放 任意で捜査へ

  2. トルコ沖でM7・0の地震 4人死亡

  3. 逃走警察犬クレバを「叱らないで」 心配する声70件に兵庫県警「安心して」

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 22歳孫の祖母介護殺人「これはあなた自身の問題」 江川紹子さんの読み解き方

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです