メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

汚染処理水問題 公明・石井幹事長、十分な風評被害対策求める

石井啓一氏

[PR]

 公明党の石井啓一幹事長は16日の記者会見で、政府が東京電力福島第1原発の汚染処理水を海洋放出する方針とされることについて「風評被害を招かないような対策を検討し、地域の理解を得る努力をしてもらいたい」と述べた。

 大阪市を廃止し、四つの特別区に再編する「大阪都構想」の住民投票に関し、山口那津男代表が党府本部の要請に基づいて18日に大阪市で大阪維新の会の松井一郎代表(大阪市長)らと合同で街頭演説すると説明。「党中央として大阪都構想に対するスタンスをきちんとお示しすることになる」と述べ、都構想に賛同する姿勢を明確にする考えを示した。

 菅内閣が発足1カ月を迎えたことに関しては「今後は具体的に成果を示すことが重要なので、しっかり与党として政権を支えていきたい」と述べた。菅内閣が目指すデジタル化や携帯電話料金の引き下げ、不妊治療の公的保険適用などについて「公明党が従来主張してきたことだ」とし、公明が要望中の高校3年生などへの2万円給付も実現するよう求めた。【立野将弘】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・伊藤健太郎容疑者を釈放 任意で捜査へ

  2. トルコ沖でM7・0の地震 4人死亡

  3. 逃走警察犬クレバを「叱らないで」 心配する声70件に兵庫県警「安心して」

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 22歳孫の祖母介護殺人「これはあなた自身の問題」 江川紹子さんの読み解き方

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです