特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

バイデン氏を「小児性愛者」と攻撃…渦巻く「親トランプ」陰謀論 フロリダから拡散する裏事情

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
Qアノン信奉者が作製し、拡散させたとみられるイラスト。陰謀論に基づき、クリントン元米国務長官(左)らが組織する「ディープ・ステート」から、トランプ大統領が赤ん坊を救出するイメージとみられる
Qアノン信奉者が作製し、拡散させたとみられるイラスト。陰謀論に基づき、クリントン元米国務長官(左)らが組織する「ディープ・ステート」から、トランプ大統領が赤ん坊を救出するイメージとみられる

 11月3日の米大統領選に向け、共和党のドナルド・トランプ大統領(74)の劣勢が伝えられる中、民主党のジョー・バイデン前副大統領(77)を「小児性愛者」などと攻撃する陰謀論が拡散している。特に激しいのが南部フロリダ州。なぜなのか。背景を探った。【米フロリダ州マイアミで福永方人】

フロリダの中南米系「社会主義への危機感」身近に

 面会した少女の髪をなで、あいさつのキスをする高齢の男性。こうした複数の映像が時に拡大され、繰り返し再生される。バックには不気味なピアノの旋律が流れる。

 この男性はバイデン氏。副大統領時代に市民らの表敬訪問を受けた際の映像をつないだものとみられるが、今年8月にはこれを露悪的に編集した動画がフェイスブック(FB)などで拡散された。「気味の悪いバイデン。正常ではない」などと付記された4分余りのこの動画は、保守系…

この記事は有料記事です。

残り2532文字(全文2899文字)

【2020米大統領選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集