メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジョンソン英首相 対EU「協定なしに備える」 FTA交渉、譲歩迫る

ジョンソン首相=ロンドンで2020年9月9日、AP

 ジョンソン英首相は16日、英国と欧州連合(EU)との自由貿易協定(FTA)交渉が妥結に至っていない状況を受け、EUに事実上残留している「移行期間」(12月末まで)の終了後、「協定なし」の事態に陥ることに備えると表明した。一方で、EUの譲歩があれば交渉の余地があるとの見方も示唆し、EU側に強く譲歩を迫った格好だ。

 ジョンソン氏は、EU側が漁業問題などの課題で英国への管理を継続しようとしていると指摘し、「独立国家にとって容認できない」と明言。EUとの間でFTAのないオーストラリアを例に挙げ、この方式に備えなければならないと表明した。一方でジョンソン氏は、EUの態度に「根本的な変化があれば、もちろん耳を傾ける」とも述べた。

この記事は有料記事です。

残り86文字(全文399文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. ディエゴ・マラドーナさん死去 60歳 サッカー界の「レジェンド」

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. サッカーJ1川崎が最速リーグV 2年ぶり3度目 勝ち点など記録ずくめ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです