「イメージ覆す美味」 敬遠されがちな「しもつかれ」をパンに 栃木・小山

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
しもつかれを使ったパンを作った笠井さん(左)=栃木県小山市粟宮で2020年10月13日午後2時15分、渡辺佳奈子撮影
しもつかれを使ったパンを作った笠井さん(左)=栃木県小山市粟宮で2020年10月13日午後2時15分、渡辺佳奈子撮影

 若者に敬遠されがちな郷土料理「しもつかれ」を使ったパンを、栃木県小山市粟宮のパン屋「OLEA(オレア)」が作り、販売している。同店代表の笠井麻衣さん(37)は「しもつかれのイメージを覆す一品ができた。たくさんの人に食べてほしい」と話す。【渡辺佳奈子】

 しもつかれは、サケや節分の豆、大根おろし、ニンジンを酒かすで煮込んだもので、独特の見た目や風味から好き嫌いがはっきりと分かれる一品だ。若い世代で食べる人が減っていると聞いた笠井さんが、しもつかれのイメ…

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文569文字)

あわせて読みたい

ニュース特集