メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テツandトモさん 特殊詐欺ひっかかるの「なんでだろう?」山形県警、ポスター起用

特殊詐欺被防止のポスターなどに起用された「テツandトモ」さん=山形市で2020年10月15日午後2時0分、日高七海撮影

 山形県警は、現金などをだまし取る手口がますます巧妙・複雑化している特殊詐欺の被害を防ぐため、お笑いコンビ「テツandトモ」さんを起用した注意喚起を呼びかけるポスターなどを製作した。県警は捜査のみならず、事件を未然に防ぐための広報活動に力を入れる。【日高七海】

 「特殊詐欺にひっかかっちゃうのなんでだろう?」。トモさんが山形市出身であることから、被害防止に向けたポスターに起用。特殊詐欺に対する認知度の向上と、対策を呼びかけるため、ブームを巻き起こした「なんでだろう」のネタをポスターに記した。

 県警生活安全企画課によると、今年1~9月に県内の特殊詐欺認知件数は20件(前年同期比20件減)で、被害総額は3400万円(同83・2%減)。手口は架空請求が7件と最多で、30~60代まで幅広い年代が被害に遭っている。次いで、キャッシュカードをすり替えたり、だまし取ったりする「預貯金詐欺」「キャッシュカード詐欺盗」がいずれも4件で、高齢女性が被害に遭うケースが多い。

この記事は有料記事です。

残り191文字(全文622文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今度は煉獄さん? 鬼滅の刃の引用で「弱き人助ける覚悟」問われた首相 衆院予算委

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです