メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

解体間近、スイカ模様のガスタンクをドローンで撮影 千葉・富里

 千葉県富里市中沢にあるスイカの模様をしたガスタンクの解体作業の日程が決まり、20日に準備を始め、11月24日から本格的に着手する。特殊な「リンゴ皮むき工法」で解体していく。ガスタンクがスイカの産地のPRに貢献してきたとして、市は、管理する東京ガスに感謝状を贈った。市民団体はシンボルとして親しまれてきたガスタンクの姿を記録に残そうと、小型無人機ドローンで上空から撮影を続けていて、市は映像の公開を検討している。

 東京ガス千葉支社によると、ガスタンクは2000年6月に建設された。球形で直径34メートル、高さ37メートル、容量2万218立方メートル。緑色の外観に黒の縦の線が10本入る。解体作業は、鋼板でできた厚さ3・5センチの外殻を渦巻き状に切断していく。切断された部分は重みで垂れ下がり、リンゴの皮をむいたような状態になることから、工法の名前が付いた。21年1月上旬までにガスタンクの球形の解体を終える予定で…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文742文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ緊急事態・飲食店名公表策 市民扇動、制裁を奨励するのか

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです