メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

再選択2020~私の見方

新特別区は災害リスク無視 関西大特別任命教授・河田恵昭さん 大阪都構想住民投票

河田恵昭さん=大阪府高槻市で2020年9月14日午後3時8分、村松洋撮影

 大阪都構想には「災害への備え」という視点が欠落している。そのような状況で、賛否を拙速に決めようとすることに不安を覚える。

 今後30年間に70~80%の確率で起きるとされている南海トラフ巨大地震。大阪市が最も取り組むべきなのは、大阪湾への津波対策だ。私が部会長を務めた大阪府の検討部会が2014年にとりまとめた被害想定を基に、4特別区ごとの津波による死者をまとめた。

 最悪のケースでは、新淀川区で約5万2000人▽新中央区で約3万8000人▽新北区で2万8000人が犠牲になる。大阪湾に面しない新天王寺区は津波による犠牲者はいないとみられる。

 四つの特別区の区割りに、災害リスクが全く考慮されていないことは一目瞭然だ。中でも…

この記事は有料記事です。

残り562文字(全文874文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』駅弁販売 JR九州とコラボで特産品使ったメニュー グッズも発売へ

  2. 大阪・梅田HEP FIVEから高校生転落し死亡 路上の10代巻き添え意識不明

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです