メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

注目裁判・話題の会見

群馬の女子高生はなぜ巻き込まれたのか 座間9人殺害事件 10月12日公判詳報

東京地裁立川支部=東京都立川市緑町で2020年10月12日午後0時30分、林田奈々撮影

 神奈川県座間市のアパートで男女9人の遺体が見つかった事件で、強盗・強制性交等殺人罪などに問われた白石隆浩被告(30)の裁判員裁判が東京地裁立川支部で続いている。10月12日には被害者の中で最年少の群馬県邑楽(おうら)町の女子高生(当時15歳)の事件について被告人質問があった。悩みを抱えながらも絵や演劇が好きだった少女が、どうして事件に巻き込まれてしまったのか。

<東京地裁立川支部101号法廷>

 白石被告は証言台の前に座り、質問に答えていく。

被告「(女子高生には)預金や収入がなく、お金にならなさそうだと(分かって)殺害しようと思いました」

 白石被告は検察官の質問に、女子高生と会う約束をし、座間市の自宅近くの公園で会って話した後、事件を起こすことを決意したと答えた。

 一回り違う年齢。群馬と神奈川。検察側によると、接点のなかった2人がつながったのは、白石被告が自殺願望を持つ女性をターゲットに開…

この記事は有料記事です。

残り2062文字(全文2461文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・伊藤健太郎容疑者を釈放 任意で捜査へ

  2. トルコ沖でM7・0の地震 4人死亡

  3. 逃走警察犬クレバを「叱らないで」 心配する声70件に兵庫県警「安心して」

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 22歳孫の祖母介護殺人「これはあなた自身の問題」 江川紹子さんの読み解き方

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです