メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

覚醒剤所持事件でっち上げ容疑で巡査部長を書類送検 懲戒免職処分 愛知県警

愛知県警本部

[PR]

 あらかじめ知人に覚醒剤を渡した上で職務質問で摘発し、事件をでっち上げたなどとして、愛知県警は16日、岡崎署地域課の男性巡査部長(36)を覚醒剤取締法違反(所持、譲り渡し)と虚偽有印公文書作成・同行使容疑で名古屋地検に書類送検した。県警は同日付で巡査部長を懲戒免職処分にした。巡査部長はこの摘発を評価され、署長表彰を受けていた。

 容疑は2月5日と23日、30~40代の知人男性2人に覚醒剤が付着した袋(通称・空(から)パケ)を準備させたり手渡したりした上で職務質問し、うその捜査報告書を作成したとしている。自宅で8月30日に覚醒剤0・005グラムが付着した袋を所持した疑いも持たれている。

 巡査部長は否認しているが、県警は「覚醒剤は微量」などの理由で任意で捜査した。県警は16日、知人2人も覚醒剤取締法違反容疑で書類送検した。

 3月下旬に巡査部長が同乗したパトカーが物損事故を起こしたが、申告しなかったことから県警が内部調査を開始、今回の事件が発覚した。知人らとは別の署で暴力団対策などをしていた2014年に知り合い、SNSなどで虚偽摘発への協力についてやりとりした痕跡もあった。報酬や便宜供与などは確認できなかったとしている。

 依田龍次郎首席監察官は「県民に対し、深くおわびする」とコメントした。【佐久間一輝】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  2. 文科省、保護者の確認「ハンコなし」で 家庭への連絡オンライン化促す

  3. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  4. 83年国会答弁、内閣府「維持か答えるの困難」強弁 野党ヒアリング詳報

  5. 「絶対漏らすな」町長は言った 核のごみ処分場 応募し撤回、東洋町の教訓

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです